So-net無料ブログ作成
検索選択

MRJ初飛行!ドラマ「下町ロケット」を地で行く町工場がスゴイ! [社会]

度重なる延期の末、昨日とうとう国産旅客機MRJが飛びました!

SnapCrab_NoName_2015-11-12_58o-00.png

いや、“飛行機が飛んだ”というだけの話なんですけどね・・・(^^ゞ

でも、ニュース映像を見ながら、滑走路から前輪が浮いた時、思わず“おお~、浮いたぁ~!”って声が出て、そのまま大空に飛び立っていく姿にちょっと感動してしまいました!

その後テスト飛行を終え無事着陸した姿を見たときも、ホッとしたりして・・、

なんなんでしょうね!? この感動と興奮は!?(私、関係者でも何でもないのですが・・(^^ゞ)

「国産」というだけで、この騒ぎです!
もうご存じだとは思いますが、

国産旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)について簡単に↓


三菱航空機が開発する国産初の小型ジェット旅客機「MRJ」
※RJとは、「リージョナルジェット」の略・・・旅客数が50から100名程度で必要な滑走路も短い低騒音な小型ジェット機のこと

MRJは2機種(MRJ70と90)あり全長は約35mの小型旅客機で、78〜92人の乗客を乗せることができます。航続距離は最大3300~3900km。東京からはグアム、台北、北京をカバー。比較的「短距離」路線での運用となり世界各国の大都市のハブ空港と地方空港を結ぶための旅客機となります。

国産としては戦後初のプロペラ旅客機「YS-11」以来、約半世紀(53年)ぶりの旅客機として、このMRJは、日本の誇りを取り戻す挑戦として、"国産"であるということがクローズアップされているわけです。

しかし実は、

部品の約7割は外国製!?


そうなんです!
もちろん、設計と組み立ては日本企業の手によって行われますから、これは「日本製」の飛行機となるのですが、使用されている部品の多く(約7割)は外国製ということ。

現代では、そもそも航空機の製造をすべて一国で完結させるのは無理なことで、これは仕方のないことらしいです。
以前であれば、ボーイング社のような完成機メーカーは、設計から部品の調達、最終組み立てまですべてを担当していたようですが、いまではコストの問題等で、世界の大手部品メーカー(エンジン、制御、電装系など、それぞれの得意分野のメーカー)が、航空機の各ユニットを製造納入、メーカーは最終組み立てだけを行うというのが主流となっていると。

なるほど、世界の主流がそうであれば、MRJもそうならざるを得ないのでしょう!
今後世界の航空機メーカー(小型機ではブラジルのエンブラエル社カナダのボンバルディア社が2強)と戦っていくためにはコスト削減がキーになります。日本企業からの部品供給に固執すると採算が合わず、事業として成り立たなくなってしまう。
かつて莫大な赤字によって事業撤退に追い込まれた国産プロペラ旅客機「YS-11」の二の舞になりかねません。

しかし! そんな中、

ドラマ「下町ロケット」を地で行く町工場があるのです!



この続きは、
 ⇒ なんへん.comへ


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

NHKなんていらない!? NHK受信料「義務化」絶対反対! [社会]

またまた自民党がやってくれそうです (`^´)
自民党の小委員会が先月、NHK受信料の支払い義務化などを検討するよう総務省やNHKに求めたのです。
それを受けて、NHKの籾井勝人会長が、マイナンバーカードと紐付けて受信料を徴収する考えを示したという。

おーおーおー、本気(マジ)なのか!?

いや、ふざけないでくれ!! というのが私の第一声です。

----------
おっと、ここは冷静に。

そもそも、このインターネット時代に、NHKは必要なんですか!?

という素朴な疑問が浮かびます。

もう、その役目は完全に100%終わったと思うのですが・・、必要でしょうか!?
「朝ドラ」?「相撲」?「高校野球」?「7時のニュース」?
絶対見ていますか?
視聴率は50%以上とかあるのですか?

少なくとも、私は見ていません。

災害情報や日々のニュースだって「民放」で十分間に合います。
政見放送ですか、そんなもの今後はネットでやれば問題ありません。
大体、深夜にやっているのはお年寄りすら見ていませんし。

放送の中立性ですか?

そこが一番の問題点です。
NHKの籾井勝人会長が安倍首相のお友達から紹介されて会長に就いたといわれていますから。
いやもう完全に自民党寄りになりますよね。当然。
つまり、中立性は担保されていません!
※少なくとも、国民に疑惑の目が向けられている時点で公平中立という観点で“アウト”です。

次に、放送法に関してですが、
放送法第64条に「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない」とあります。

今となっては、“だから何”?

っていう感じですよね。

いやいや、だってほぼ憲法違反である「安保法案」を強行に可決してしまった政府ですよ。
国が法律なんて無視しているのですから、放送法だって、国と同様無視でもいいのじゃないですか!
だって、政府自ら違憲なことをしても罰せられないのですから。
まあ、NHKの受信料の支払い拒否しても、単なる「契約不履行」であって刑事罰は与えられないですし。
--------------

で、最初の疑問に戻ります。

この続きは、

     ⇒ なんへん.com まで



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。