So-net無料ブログ作成
政治・経済 ブログトップ

菅官房長官の発言 "出産で「国家に貢献」を"って!? [政治・経済]

菅(すが)官房長官のTV番組での発言!

「この結婚を機に、ママさんたちが『一緒に子どもを産みたい』という形で
国家に貢献してくれれば良いなあと思う」

福山雅治さんと吹石一恵さんが結婚した感想を問われ、こう答えたらしいです。

何が違和感があるかって!?

言うまでもなく、"国家に貢献してくれれば良い"ってところ。

なにそれ!? って思いました。

菅氏の言い訳として、「大変人気が高いビッグカップルなので、世の中が明るくなり、
皆さんが幸せな気分になってくれればいいとの趣旨の発言だった」と説明したんだって。
いやいや、不快に思った方も多いらしいですよ(-_-メ)
しかも、あの発言で上記の趣旨は読み取れません。
大丈夫か!?菅さん。
問題発言ではないとの認識を示したということですが、別に"問題発言"とかそういうレベルの話ではないです。

"悲しいレベル"の発言だとの認識を私は示します。

同時に菅氏は、
「子どもを産みやすく、育てやすい社会をつくるのが政府の役割」と強調した、ということですが、
言うのは簡単ですが・・・、
本日施行される「改正労働者派遣法」をゴリ押しで通しておいて、よく言うよ!!<(`^´)> って感じですね。

本気なら・・・、

この続きと菅氏の“なんへん”は、

  ⇒ なんへん.comへ


以上
Mr.なんへん
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

抑止力って何? [政治・経済]

今回の「安保法案」賛成論者の方々の多くが、
必ず口にする言葉。
それが、“抑止力”です。

でも、こういう考え方も根強いですよね。
それ逆じゃないの?
つまり、“反抑止力”にしかならないんじゃないの?
この安保法案は。
つまり、アメリカとの軍事関係を強めれば強めるほど、
アメリカと敵対している国々や組織から本格的に狙われ始めると。

今年の2月。
ジャーナリストの後藤健二さんがイスラム国によって殺されたことは
忘れ去られてしまったのでしょうか。

あの時のイスラム国の声明、覚えていますか?
「日本政府は邪悪な有志連合に参加した愚かな同盟国と同じように
『イスラム国』の力と権威を理解できなかった。
われわれの軍はお前たちの血に飢えている。
安倍総理大臣よ、勝てない戦争に参加した向こう見ずな決断によって
このナイフは後藤健二を殺すだけでなく今後もあなたの国民は どこにいても殺されることになる。日本の悪夢が始まることになるのだ」


この法案が可決されたことは、各国でも報道されたようですが、
当然、アメリカに敵意を持つ国々・組織からしたら、
まさに、イスラム国の声明にあるように、
勝てない戦争に参加した向こう見ずな決断”と映るのではないでしょうか。

それって、どう考えても、普通に考えれば、
この法案可決は、「抑止力」ではないですよね。

だって、火に油を注いでいるのですから。
私たちも戦争に加担しますよ!戦いますよ!って、国を挙げて宣言しちゃったんだから。

イスラム国のようなテロ組織に対する「抑止力」になんて
こんな法案が、本当になると思っているのでしょうかね?
なると思うという賛成派の方々は、よっぽど平和ボケしているのだと思います。
ーーーーーーーーーーー

しつこいですが、正直、何考えてるの? って思います。

そもそも、イスラム国は別にしても、
中東の方々は親日の方が多いと聞いていましたから。
それをわざわざ、あなた方よりアメリカの言うことを聞かないといけないからって
憲法違反の法案通してまでやることですかね?
ーーーーーーーーーーー

中国への抑止力にはなりませんよ!

これも逆に、“目には目を”的な感じで
わざわざ中国の軍事力強化への理由を与えてしまったわけです!
日本がそうするなら、こっちもやってやるぞ!って。
当然そうなりますよね。
多分、中国政府はこういうでしょう。
“我々は、軍備を強化する必要がある!理由は、日本が戦争を準備しているからだ!”って。中国のあの報道官・華春瑩(カ シュンエイ)が、冷静にそう発言している姿が目に浮かびます。

で、アメリカは、ちゃっかり中国と仲良くなっているわけです(25日、習中国主席を国賓としてアメリカは招待して首脳会談やりますし)。
今後、中国と日本を天秤にかけたら、どちらを選ぶでしょう!?
将来を睨んだら答えは簡単に出そうです。

結局、この法案で日本にとっていいことは何一つありません!
 と、思います。
(あっ、一つあるとすれば、安倍首相がアメリカ議会での演説の約束を守ったということですか。日本国憲法を売り渡して!)

最後に笑うのは、
軍事費を抑えることができて、また同時に今度は軍人も抑えることができる
アメリカです。やっぱりそうなりますか。。。

どう考えても、そんな結論しか出ないんです。

これって、やっぱり安倍政権の説明不足ですよね。
(いや、本当のことは言えないのか)

結論:安保法案(抑止力) なんへん:38(抑止力にはなりそうもないから)

以上
Mr.なんへん

→なんへん.com

日本国憲法とサンゴ礁 ー安保法案成立の陰でー [政治・経済]

日本人の心の拠り所が、傷つけられている!

日本国憲法

沖縄のサンゴ礁

深夜の安保法案成立によって。
辺野古基地移設に伴う海の埋め立て工事によるサンゴ礁破壊によって。

別に、明日から生活が何か変わるわけではありません。
多分、数日、数週間したら、忘れていってしまうことかもしれません。

しかし、何かが確実に傷つき、心にモヤモヤしたものを残しています。
そしてそれは、嫌な記憶として、心に頭に身体に確かに刻まれました。

なんなんでしょうね。

よく考えてみると(普通に考えても)、
それらは、すべてアメリカとの関係性に起因しています。

今現在「日米安全保障条約」以上の何が必要なんでしょうか。
もうこの条約だけで十分じゃないですか!
いくら日本人の血税を米軍に捧げればよいのですか。
金じゃない、命を捧げろというのなら、
もう金は一銭も与えません!
そして、
安保法案通す代わりに、沖縄の基地はグアムに移転してくれと。
その位の交換条件をなぜ政府は出せないのでしょう?

言われるがまま!
弱腰外交もここに極まれり!ですよね。
こんな交渉なら、小学生でもできます。

一つ確認をしておきます。
大事な確認です。

この日米安全保障条約
アメリカが日本を守ってくれるって・・・、笑わせます。
それが平和ボケというものです。
この条約は、アメリカのアメリカによるアメリカのための条約です。
日本国に住むアメリカ国籍の人々の命と財産を守るための法律です。
アメリカ側からしてみれば当然のことをしているまで。
アメリカの政治家や官僚は立派です。
そこまで自国民の利益を考えているのですから。

ひるがえって、日本の政治家や役人たちは、
いったい何をしてきたでしょう。
沖縄を売り、
そしてついに日本国憲法を売り飛ばしてしまいました。
これ、一体誰のため!?

一般の人がテレビインタビューに答えています。
“中国の軍事パレードや北朝鮮をみると、やっぱり安保法案は必要かなと”

バカバカしいです。
無知も甚だしい。
お粗末、勉強不足。

中国や北朝鮮の脅威に対しては、
現在の【個別的自衛権】で立派に対応できますし、
ここで現在の日米安保が一定の抑止力として生きてくるのです。

【集団的自衛権】なんて、なんでわざわざ遠い国まで行って
日本とは関係ない、まさに、中国も北も関係ない国々と一戦交えなければならないのか?
どこまで、アメリカに土下座をして顔色をうかがって生きていかなければならないのか?

本当に今の政治家は、いや外務省含む高級官僚と呼ばれる方々は
残念でなりません。
サルでもできる弱腰外交(サルにも失礼ですね)

ここを変革しなければ、日本の将来はますます暗い。
=アメリカの言うなり国家
返す返す残念です。

ここはもう、民意を味方につけて、アメリカに対抗するしかありません。
日本国民にはもうこれ以上嘘もダマしも通用しない。
だから、もう日本は、
日本人の日本人による日本のための政治をやると世界に発信するしかないのです。

そうなったら、しばらく、
アメリカのイジメにあうでしょう。
そうしたら、今度は、日本が、それこそ中国と駆け引きをして
対アメリカとの交渉をうまく進めていくしかないでしょう。

現に、アメリカは、もうすでに中国と密接な関係性を築き上げているところです。
アメリカの官僚も政治家も経済も抜け目がない。

しかし、本来は優秀な日本人にできないことはない!!
※ただし、日本の高級官僚と呼ばれている人々の経験不足はどうにかしないといけないと思います。
有名中学から有名高校⇒東京大学⇒国家公務員試験総合職に合格
結局お勉強しか知らない人生で、社会人経験なし、対人交渉経験なし、
そんな役人が、アメリカや中国の海千山千のエリートと戦って勝てるはずもなく。

しかし、最後の最後は民意をいかに高めていくかですね。
日本人としての誇りを忘れず、
何が本当に日本のためになるのかを考えていくしかないのです。

以上
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

今年の漢字 2015年【恥】 [政治・経済]

2015年9月17日
集団的自衛権の限定的な行使容認含む安全保障関連法案が、
参院平和安全法制特別委員会で強行採決されました。

これを受けて、思いました。

もし、このまま、参院本会議においても強行採決によって成立となれば、
日本の民主主義は終わると。
日本国憲法も踏みにじられたと。

そして、ひとつの言葉=文字が頭に浮かんできました。

それは、「恥」です。

これは、安倍晋三首相以下自民党議員、公明党、それからこの法案の賛成に回った新党改革、次世代の党、日本を元気にする会の議員たちに対して放ちたい言葉です。

“恥を知れ”
日本人として恥というものを知ってほしい!! という願いからです。

そして同時に、デモ等に参加している以下の若者、国民に対しても
同様です。
こんな政党を選んでしまった方。
こんな政党に所属している議員に投票してしまった方々。
また、投票にも行かなかった者
そんな己を恥ずかしいと思うこと!

そこから第一歩が始まる!と、思うのです。

しかし、まだ、あきらめてはいけません。
国民をナメたら必ずその報いを受けることになる!
次の選挙でそれを行動で示すことです。

キレイごとはもう言いません。
政治は数です!!

ならば、一個人がどんなに優しい人物であれ、誠実な人物であれ、
カッコイイ人物であれ、
自民党や公明党に所属していたら、その優しさも誠実さも奪われてしまうと
肝に銘じておいてください。
数の力に飲み込まれ、手足を動かすこともできなくなるのです。

前回も言いましたが、今回提出されている安保法案が、
本当に日本国民の命と財産を守るための法案なら、
私は大賛成です!!!

しかし、残念ながら、
政府がまともに説明もできないことからも明らかなように、
決して、日本国民の命と財産を守るための法案ではありません!!

これは、ほぼアメリカのための法案です!!
だから、まともに国民に説明もできないのです。

沖縄軍事基地問題と根底は全く一緒です。
沖縄の住民の命よりも、アメリカの基地を優先しているという
現実を忘れてはなりません。目をつぶってはいけません。

話が少し脱線してしまいましたが、

今年の一文字「恥」

悲しいかな、それが一番今の日本の政治を言い表しているように思えてなりません。

では、今日のなんへん = 強行採決:32(決して日本の国民の生命と財産を守ろうとする法案ではないから)

Mr.なんへん


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

S&P 日本国債1段階格下げと安倍晋三首相についてのなんへん(-_-;) [政治・経済]

今朝のニュース

米格付け会社のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が、
日本の国債格付けについて、
「AAマイナス」から「Aプラス」へと1段階引き下げたと発表した。

衝撃なのは、AAマイナスの「中国や韓国」より悪くなったということ。

まあ、この手の格付けがどこまで当てになるかは不明ですし
いや、大して当てにはならないよという声が大きいのも事実ですが、
それでも、印象は非常に悪いことに違いはありません。

にしても、現在、連日週刊誌等で経済危機が叫ばれているお隣の韓国より
下の評価って・・・、そりゃひどくないですかね(-。-)y-゜゜゜

ただ、この不満というか、異議というか、それを訴えたいのは
スタンダード・アンド・プアーズ社にではありません。

アベノミクスとかカッコいいことばかり言って
結局大企業にしか恩恵(それも海外と取引できるような大企業)を与えることしかできなかった
安倍晋三首相に文句を言いたいのです。

日本経済をないがしろにして、
今後もし「安保法案」が通ったとしたら
間違いなく、軍事費・防衛費は上がるでしょう!!!
ますます経済は困窮します。必然です。
そして、ここが重要なんですが、
それも、“日本国民のため”なんですかね?
この安保法案は(;一_一)
・・・、
・・・・、

いやいや、そんなわけないでしょ。

この安保法案は、割合でいえば、
日本国民のため=2割 対 アメリカ国民のため=8割

そういうことでしょう!
いや、実際のところ。
本音で言うと。。

◆安保法案=
アメリカ(軍事費削減したい)の
アメリカ(アメリカ国防省からの応援要請)による
アメリカ(アメリカ人の戦死者を減らしたい)人のための法律

だから、アメリカ議会で約束してしまった安倍首相は、
今国会で、日本国民の6割以上(賛成の人もその何割がこの法案の中身を知っているのか疑問)が反対しているにもかかわらず、
また、国民理解が進んでいないという、審議が十分ではないという意見が8割以上あるにもかかわらず、強行採決しようとしているのですね。

これはつまり、日本国民のためではなく、
アメリカ国民に約束しちゃったから、仕方なく強行採決するという
そういう流れなんですよね。
普通に、冷静に、考えればそういうことです。

でなければ、ここまで、急ぐ必要は100%ありませんから!!
中国・北朝鮮の脅威!?
そんな、笑わせます(失笑)
この法案に自信があるのなら、
次の国会に、堂々とまた提出すればいいじゃないですか!!!

本当に必要な法案なら、国民は理解します!
全力で国民を説得してください。それが民主主義というものです。

“日本国民の生命と財産のため”だって!?
そんな嘘八百、よく一国の首相がぬけぬけと言えたものです。

人の本音は、言葉ではなく、その行動をみればわかる!!!!これは真実だと思います。

さて、そういうことで、
初の政治家の“なんへん”です。

政治家 安倍晋三 = なんへん:45 (その理由:日本国民をここまでバカにした首相はかつていないから)
同時に今の自民党
政党 自民党 = なんへん:42(その理由:以前のように多様な意見を許容できる大人物が減ってしまい、党内での自粛作用も期待できず、上のものにこびへつらう集団政党になり下がってしまったから)

ついでに、政権与党である公明党は・・、
政党 公明党 =なんへん:35(その理由:その存在意味がなくなったから)

以上

Mr,なんへん
--------------------------

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
政治・経済 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。