So-net無料ブログ作成
検索選択

世界卓球2016 感想!絶対王者中国に勝つために! [スポーツ]

スポンサーリンク




正直、卓球のことはよく分かりません(;´・ω・)
技術的なこととか、専門用語とか。

しかし、ロンドンオリンピックでの日本女子団体の活躍(銀メダル)で注目していたので・・、先日まで行われていた世界卓球2016では、かなり熱くなって応援していました!

結果、日本は女子が2大会連続の銀メダル!
男子も39年(1977年以来)ぶりの銀メダルに輝きました。( ^^) _U

pingpon2016.JPG

男女ともしばらく銅メダルどまりだった(男子は2008年から4大会連続銅メダル、女子は2001年から5大会連続、2012年はメダル逃すも、14、16は銀メダル)過去を超えて着実に力をつけてきた。
素晴らしいですね!(^-^)

先日、「なでしこジャパン」の記事で、チームスポーツで、世界と戦い勝つために必要な要素として
【個の力】【チームワーク】【気持】そのバランスが最も取れたチームが世界の頂点を極める!と書いています。
澤穂希のいない『なでしこジャパン』 澤穂希を乗り越えろ!《加筆》中国に完敗!

もちろん、卓球は、団体戦があるとはいえ、"個人スポーツ"です。
なので、【チームワーク】という部分は、当てはまらないかもしれませんが、
準決勝で勝利した後、彼、彼女たちが口々に言っていたのは、

チーム一丸で!!” "気持ちで負けないようにしました!"というチームワークと精神面。

それを聞きながら、やっぱり【気持】だよなぁ~、と思いを強くしたわけです。

女子予選グループリーグの対ドイツ戦、日本女子世界チームランキング2位)は、世界ランク7位ドイツ2対3で敗れてしまいました。
個人ランクでも、世界17位ソルヤ選手同4位福原愛選手も、同5位石川佳純選手も敗れています。
たまたまこの世界ランキングが当てにならないのか!?
それとも、ソルヤ選手の【気持】が日本のキャプテンとエースを上回ったのか!!

その答えは、翌日すぐに出ました!

今度は、石川佳純選手がゲームカウント3対1でソルヤ選手に雪辱を果たし、ドイツチームにも3対0と完勝したからです。
つまり、決して【個の力】で劣っていたわけではなかったと。
(※ それにしても2試合連続で同じチームと対戦するって・・、勝った方も負けた方もいやでしょうね。。)

ではなぜ予選リーグで負けたかといえば、それはドイツチームの負けて元々という捨て身の【気持】が、日本女子の【気持】を上回ったからだと考えざるを得ません。

しかし本当に、卓球というスポーツはメンタルが重要なんだなぁと、あらためて感じたわけです。
もちろん他のスポーツもそうでしょうけど、特に「卓球」は試合の展開(スピード)が早くてちょっと弱気になると、あれよあれよという間に点差が開いていきますよね。

で、やっぱり【気持】だよなぁ~、と。

しかし、

・・、
・・・、

まあ、それにしても、中国の強いこと!

決勝の「中国戦」を見て、【気持】云々は、粉々に打ち砕かれてしまったのです。

男女ともに可能性はゼロではないとはいえ、金メダルははるか彼方だと思いましたね
(;´Д`)

しばらく日本女子は世界第2位男子は世界第3位(からそのひとつ上をというポジションを死守しつつ、絶対的な個のレベルを上げていかないと、【気持】だけでは到底超えられない「壁」だと思いました。

分かってはいました!

どんなに勝ちたいという気持ちが相手より勝っていようが、「個」に明らかな差があれば到底太刀打ちできないということは。
【気持】だけではどうにもならない相手がいる。

ただし、そんな中国選手相手に、石川佳純選手は試合後のインタビューで語っています。
「決勝では中国に負けたが、今回は自分のいいプレーも出て通用する部分もあったので、いいところを伸ばしてここ一番で勝ちきる強さを身につけたい」と。

そうなんです。"通用する部分"はあると思います。
現に、石川佳純選手(世界ランク5位)は、同ランク7位の李暁霞選手よりランクが上ですし、試合も始めの2ゲームを奪っているのですから(その後3ゲーム連取されてしまった (・_・;)

15歳の伊藤美誠選手(世界ランク12位)も、2015年世界卓球女子王者の丁寧選手(世界ランク2位)との決勝第1ゲームを11-8で勝っていますからね!

少なくとも、"技術"で完全に劣っているとはいえないと思います。
(素人の感想ですけど(;^ω^)

ただ、【個の力】とは、技術だけではなく、体力(身体能力、パワー)の勝負もあるので、その差は歴然でした。体格的には「大人と子供」くらいの差があったような気がしますから。
※それでも体格差のあるドイツには勝ってますけど・・!!

ただそうなると、技術的には中国を上回らないと!、体格差はどうにもならない「壁」ですから。

で、しつこいですが、もう一つの要素である【気持】です。

実は、ここにも大きな「中国」との差を感じたのです。

中国人選手たちとの気持ちの差とは


見ていて感じたのは、
日本人選手がよく口にするような"勝ちたい"という【気持】ではなくて、

自分たち(中国選手)が、絶対
"負けるはずがない"という強い【意志】(気持)
"負けるわけがない"という強い【自信】(気持)
そういった種類の、相手をのみこんで(威圧するような)【気】を感じたのです。

"負けない"とか"勝ちたい"とか、そんな【気持】のはるか上をいく【気】

それが、中国選手たちにはある!

これには、敵いません(;^ω^)。

では、これに立ち向かうには、勝つにはどうしたらよいのか!?

もちろん、【個の力】を少しでもアップさせるのは言うまでもありません。
相手の上をいく練習をするしか方法はないとは思いますが、
そうして付けた自信を胸に秘めて、あとは、やっぱり【気持】です。

それも、"勝ちたい"とかそんな弱いものじゃなくて、

相手が、"自分が(我々が)負けるわけがない"!!という【気】でくるなら、
こちらは、
"私が(私たちが)勝てないはずはない"という【気】で対抗するしかないのかなぁと・・、

なんか、完全に精神論的な話になってしまって恐縮ですが、

そう考えたくなるほど、中国選手たちの"圧"がすごかったもので!

決勝では、福原愛選手も、石川佳純選手も、伊藤美誠選手も、
男子エースの水谷隼選手も、吉村真晴選手も、大島祐哉選手も、

ちょっとのミスで、もう相手にのまれてしまっていました! 

中国戦、男女合わせて計6試合。0勝6敗。
全22ゲームは、4勝18敗(ゲーム)でした。
完敗でした!

中国は強かった(''◇'')ゞ

ただ、水谷隼選手が語っています。"日本のレベルが上がっていると思う"と。
結果も出ています。

この勢いをリオ オリンピックにぶつけてほしいと思います!

時間は足りないかもしれませんが、開き直りが大切です。

-----------------
今日の報道ステーションのスポーツコーナー。ゲストで先日リオ オリンピック出場を決めたU-23男子サッカー日本代表チーム監督の手倉森監督が出演されていました。

監督は言いました。

"人の想いで勝負事は動く"

その通りなんだと思います!

【個の力】がどこまで通用するか分かりませんが、少しぐらい足らなくても、
それを補うだけの【気】を見せて頂きたいと思います。

"私が(私たちが)勝てないはずはない"という【気】を。

では、なんへんです。

世界卓球2016 男子・女子団体 銀メダル なんへん:62


中国に負けはしましたが、今大会男女ともに日本チームの【気持】(チームワーク)は、素晴らしかったです!
女子は試合が終わるたびに誰かが涙を流していましたね(^^ゞ
涙もろいとは思いますが、それだけ【気】が入っていた証なのでしょう!

まだまだ彼女たちは強くなる!

そんな期待を抱かずにはいられない彼女たちの涙でした!(^◇^)

以上
Mr.なんへんでした。



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。